わきがとは?

わきがになると自分の何が落ち度があるのか?過剰に心配される方がいます。

実はわきがの臭いに対して悩みすぎた結果、ストレスになってしまい、苦痛な毎日を送る人も少なくないのです。

こうした偏見や誤解を無くして、自分がどういった症状なのか?知る必要があります。

今回はわきがに関してどういった症状なのか?何故わきがになるのか?紹介します。

わきがで一番重要なのは、臭いがきついために、自分に体が清潔で無いことによって発生すると勘違いしている方が多いようです。

しかし、実際は大きく異なります。わきがは実は清潔、不清潔関係なく発生します。

汗臭さとわきがは大きく異なるのです。汗臭いというのは、体の外に出た汗が、皮膚の表皮に存在している、雑菌が皮膚の垢を食料として、発生する臭いでこれが皮膚を清潔にしていないことで発生する汗の原因になります。

しかし、このわきがの汗は、アポクリン腺から発生する特殊な汗なのです。

汗にはエクリン腺とアポクリン腺がありエクリン腺は通常の無臭の汗を出すのですが、アポクリン腺は臭いになる原因の物質を多く含んでいる汗を多量に出します。

この臭いの原因が、タンパク質、脂質、糖分、アンモニアと言った成分が入っているので、臭いがきついのが多くの特徴になります。

この臭いが、わきがといった不愉快な臭いの原因になります。

ですから、わきがの人が一切不清潔と言うわけでは無いのです。清潔だけど人よりもこのアポクリン汗腺の数が多く、少しの汗でも臭いが目立つという事実が正しいのです。

だから、他人で臭いきつかった時に不清潔だからといった言葉を投げかけるのは禁物なのです。

臭いが強い腺を持つ人は、日本人は比較的黄色人種の中でも多いとされています。

こうした、わきがの臭いに対する偏見がなくなり、きちんとした対策さえ取れれば症状に関して何ら問題は無いのです。

わきがは、偏見を持たれるようなひどい病気では無いのです。体の不調によって引き起こされると言うわけでは無いので正しい対処が必要なのです。

このページの先頭へ