わきがと田舎の関係

実はわきがは、都会であればあるほど臭いがきついとされています。

では、どうして都会と田舎では同じ体臭でも臭いがきつくなってしまうのでしょうか?

今回はその謎について解説します、最初に、田舎で暮らすほうが都会に比べて、非常に大きな違いがあるのは空気の質です。

空気が都会よりも田舎の方が綺麗なのは想像が容易だと思います。

ですが、その空気が綺麗な理屈とわきがにはどういった関係があるのでしょうか?

それは、わきがの臭いの大きな関係しているのが二酸化炭素になります。

二酸化炭素は実は、酸と書かれていますが、人間が都会で暮らすようになると、その酸に対向するために血液がアルカリ性になるようになります。

アルカリ性に偏るために、肝心の汗の殺菌力が低下してしまうのです。

殺菌力とは実は、汗の酸性度によってきまります。そのため、汗の酸性度が低下すると、わきがになりやすくなってしまうのです。

故に、わきがになりやすくなってしまうのです。

都会に住んで田舎の人間の体臭が酷くなったということはよく聞きますが、それは自分の血液の質が変化したということに外ならないのです。

こうした汗や体調の変化は気づかないところで発生して、その人を知らないうちにわきが体質にしている可能性があります。

特に注意したいのは新生活で都会に馴染んできたころです。

こういった問題が起こるようになると本人は知らないうちに非常に厄介な臭いの問題でも気づかないようになってしまっています。

対策としては、都会であればあるほど、臭いの原因になる油類の摂取は控えるようにすること、また、臭いの原因になる雑菌の繁殖に注意をするといったケアが肝心になってきます。

臭いの原因になる菌を取り除くといったケアが一番大切になってくるのです。

こうした、臭いの問題は、菌をやっつける食生活を改善するといったことだけでも治すことが可能です。

実際に多くの方がこの方法で問題を解消してきています。参考になれば幸いです。

このページの先頭へ