自分がわきがであるかどうか知る方法

わきがになっているかどうか?臭いがキツイなと自分で自覚はしているものの他人には聞きにくいといった悩みがあります。

もし、自分がわきが体質だと判断することができたら、自己対策も立てやすいものです。

今回は自分がわきがであるかどうかのセルフチェック方法を紹介します。最初に、わきがになる人というのは、体のホルモンが関係しています。

そして汗腺の種類のアポクリン腺が多いといった特徴があります。そのチェックポイントは4つです。

最初に、脇の部分の汗が黄色っぽい、耳垢がしっとりとしている、両親がわきが体質である、ワキ毛が太いと言うのが特徴になります。

この4つの特徴のうち、2つ当てはまればわきが体質と言っても過言では無いのです。

最初に脇の部分の汗が黄色っぽいというのは、わきがの原因の汗を出すアポクリン腺が多いと黄色っぽい汗を出す傾向があります。

そのため、この色が見えるような汗を持っている人は通常の人よりも臭いが充満している可能性があります。

次の耳垢が黄色っぽいというのは、これは耳の中にアポクリン腺が多く存在しているために、耳垢がしっとりとした傾向になります。

また、わきがは遺伝の影響が非常に大きい傾向になります。

脇の部分の、汗の腺は親から子供に遺伝をするので、自分の親の内の片方がわきが体質であれば、その可能性はグッと高くなります。

また、わきがの傾向としては、親の臭いがきつい場合は、自分の臭いも出ている可能性があるので、注意が必要です。

最後に、毛が濃いというのは、汗を出すアポクリン腺自体が非常に他人よりも発達しています。

汗を出す量に比例して、毛根の伸びる傾向が早くなっていく傾向があるので、こうした部分にも注目してみると自分がわきが体質であることが判断できます。

わきがは、このポイントを調べれば比較的自分だけでもセルフチェックをすることが可能になります。

自分でわきがかどうか確かめる大きな参考になれば幸いです。

このページの先頭へ