わきがと入浴の関係

実はわきが対策には、入浴といった手段が一番効果があります。

汗をかくことで臭いがひどくなるわきがの人にとっては、入浴というと体を清潔にするイメージが強いですが、一番は汗をかくことなのです。

シャワーのイメージが強いのですが、実はシャワーよりも入浴の方がわきがの対策には有効なのです。

わきがの原因は、臭いの成分がアポクリン腺から多く発生することによって発生します。

そのため、汗を多く書く入浴という行為は非常に苦手としているのです。

ですが、入浴はわきがの人にとって大きな効果を引き出します。

一つ目は、わきがの原因になる物質を体外に出す効果です。

わきがの臭いがきつい場合は、その原因物質が体内に存在しているからだといいます。

この物質があまりたまらない状態にすれば良いのです。つまり、臭い自体がたまらない体質になれば良いのです。

臭いがこもらないことで、脇からでる臭い自体が、減少すれば臭いが目立たなくなります。

そのため、臭いが目立たないということは、わきがの体質でも、放出される臭いが減少するために、効果が見込めるのです。

次に、入浴をする事によって見込める効果は代謝の上昇です。

代謝が上がることによって、体にある過剰な脂といった成分を抑制することが出来ます。

脂やタンパク質が、体の中で多い状態になると、体の外にでるようになります。

体の外に出るようになると、体外の菌によって脂が分解されて悪臭の原因になります。

悪臭の原因になるのは、この体の中にある脂やタンパク質が血液中に多くあることなのです。

この脂やタンパク質を少なくするには、エネルギーとして使用するのが一番なのです。

エネルギーを使用するということは、その分体温が高い状態を作るのが鉄則なのです。

そのため、入浴が一番良い手段とされているのはそのためです。

入浴は、ぬるめのお湯でも体の芯を温めることによって、体の状態を軽くする効果が高いので、わきがの臭いが必然的に減少します。

そのため、非常に良い手段とされているのです。わきがの対策において肝心なのはこうした、日頃の生活の習慣を変えることなのです。

このページの先頭へ