わきがが多くなっている原因

日本人で最近わきがが多くなってきている理由は何なのか?ご存じない方も多いため、最近悩んでいる方もいます。

今回は、何故そんなにわきがが多くなってきているのか?その原因に関して紹介します。

最初にわきがは基本的に、日本人でも遺伝子が少ないとされています。

実は、日本人はアポクリン腺と言って臭いを分泌する遺伝子が少ないとおが知られています。

ですから、人種的にもわきがの臭いに関してそうきつくない民族だといえるのです。

しかし、最近は日本人でも、欧米やその他の人種並みに、臭いがきつい人も多くなってきました。

臭いをカバーする商品の消臭力も年々強くなってきているのです。この大きな問題は何に起因するのか?

それは、日本人の食生活が大きく関係しているのです。日本人はそもそも食事関しては魚類といった物を中心に食べてきました。

そのため、非常に臭いに関する物質はあまり出てこなかったのですが、最近は食の欧米化によって、油物をよく食べるようになりました。

そのため、油物を多く食べる日本人は、汗の線画少なかったとしても汗に含まれる油分が多くなるといった問題が発生するようになったのです。

そのため、食事によって、わきがからでる汗が非常にきつくなってしまった問題があります。

故に油物は、非常に厄介な臭いの原因物質になったのです。

この腺の数は生まれてから決まっているので、臭いがきつくなる度合いは食生活によって決まってしまうのです。

そのため、わきがが多くなってきているのは、こうした油物を摂取するといった食生活によります。

故に食事の摂取を考えるなら油物は食べてもいいけれども、野菜を摂取するといった対策が必要になっています。

どんなに臭いを取る商品を使用したとしても、体質や血液の質が良くならなければ、わきがが改善しないのです。

今一度食生活の見直しが非常に大切なのです。自身のわきが対策の参考になれば幸いです。

このページの先頭へ