わきがとお酢の関係

わきがの臭いを抑える身近なものにお酢があります。お酢は身近に手に入りかつ合理的に臭いを抑える効果があります。

臭いの原因は、多くのアンモニアや脇の下に存在する菌が多く発生する事で発生します。

今回はお酢の効果と簡単な使用法に関して紹介します。

最初にお酢のわきがの臭いの抑制効果があるのは、酸性であること、毛穴から発生する強烈なアンモニア臭を抑えること、お酢の副交感神経の活性化によってリラックス効果によってストレスが軽減されて、臭いを発生自体を抑制することができるからです。この効果に関して順に説明を行なっていくと、最初にわきがの臭いの原因の物質はアルカリ性です。

特に都会に住む人間は大気中の二酸化炭素の多さから、体を守るために体内の血液がアルカリ性に若干偏っています。

そのため、臭いの対抗する酸性の物質が足りないために、こうした臭いがきつくなってしまうのです。

このアルカリを中和して、臭いの原因をやっつけてしまうのがお酢なのです。

次に、毛穴からでるキツイ臭いの主成分にアンモニア臭があります。このアンモニアは、大変臭いがきつい成分ですが、この成分を中和して、臭いをやっつける効果があります。

また臭いを分解する菌をやっつける効果もあります。肌の表面に出たアミノ酸といった成分を菌が分解することで独特の体臭の原因になるのですが、この菌をやっつける効果はわきがには持っているのです。

わきがの原因菌には多くの成分が存在していますが、お酢で大体の成分をやっつけることが出来ます。

最後にお酢は非常に多くの有効成分を持っていますが、副交感神経を活性化させて、臭いの原因になる脂質やタンパク質の代謝を上げる効果もあります。

お酢で米酢に対して抵抗がある方はリンゴ酢でも十分に対応が出来ます。

また、酢だけを使用するのがポイントで余計な香料を入れないもの大きなポイントになります。

それだけでも、効果はありますので、参考にしていただければ幸いです。

このページの先頭へ