わきがのにおいを少なくする食材~しそ~

わきがの臭いは実は、食材によってその臭いを低減することが出来ます。

そういったポイントは、抑えれば比較的簡単に対処することが可能なのです。

今回は、そんなわきがとしその関係に関して紹介します。しそというと赤じそと青じそがあります。

臭いに関係する部分は赤じそ青じそともに変わりは無いのです。

では、どうしてしそがそんなに有効なのかというと、しそには、臭いの分解成分があります。

しそは独特の香りがありますが、この成分が臭いの原因になる菌に働きかけて、菌の増殖を抑えます。

昔から、梅干しにしそが入っているのは、こういった意味でもあるんです。

また、しその香りには、精神を安定させる副交感神経の活性化効果があります。

副交感神経は基本的に、精神を安定させる効果があります。

体臭とストレスは大きな関係があって、ストレスが溜まると知らないうちに臭いがきつくなるといった事実もあります。

臭いがきついということは必然的に体内のストレスレベルが異常に高いとされているので、臭いがきつい場合には香りの副交感神経を活性化させて、臭いのきつい状態を緩和するといった効果を持っているのです。

また、しそには、体臭予防に効果的な代謝の上昇といった効果もあります。

代謝が上がることによって、臭いの原因になっている過剰なアミノ酸と脂肪の燃焼を活性化させることで、臭いの原因物質を抑えることが出来るのです。

カロリーが高くなることで、臭いの原因の物質の発生を抑制することが出来ます。

臭いの原因になっているのは、体の細胞を作る原因になっている、本来の量を超えた過剰なタンパク質や脂質がアポクリン腺から発生して、その物質を菌が分解するために起こります。

臭いの表にその成分が出ない場合は、わきがの臭い自体も弱まるということなのです。

つまり、臭いを抑えたい場合には、こうした対策も非常に大切なのです。参考になれば幸いです。

このページの先頭へ