わきがの処理でやっては行けないこと~1~

わきがの対策は、脇毛を減らすことで改善できると説明しましたが、ここで重要なのは脇毛の処理の方法です。

脇毛の処理は、とても重要ですが、脇毛の処理の仕方を間違えた事でわきがが悪化するといった事がおきます。

具体的には、脇毛を抜くという方法は実はわきがをかえって悪化させるのです。

今回は、わきげ処理の抜け毛がわきがを悪化する原因になる理由とその訳について理由を説明していきます。

脇毛は、実は抜くことによって更に太くなる傾向があります。

わきがの原因はアポクリン腺からでる汗によって発生し、その臭いが脇にこもることによって発生します。

ですが、わきがの対策で毛を抜いてしまうと、脇の毛が太くなってしまうのです。

つまり、毛を抜いて臭いの対策を取っていてかえってその毛が次に生えた時に太くなっていたら元も子も無い状態になります。

毛によってニオイ物質が撒き散らされるので、毛を抜いて更に太い毛を生やすといった状態にしてしまうのは賢い選択では無いのです。

次に毛を抜いた場合は、脇の汗腺に大きな影響を及ぼします。

抜くといった刺激は、かえって毛を生やす以外に汗を出しやすい体質にしてしまうのです。

そのため、汗をかきやすい体質になってしまうのです。アポクリン腺の分泌する汗の量が増えてしまうので、わきがの体質が治りにくいといった状態になってしまうのです。

こうしたわきがの体質の改善にはわきげを抜くことはおすすめしないのです。

脇毛対策で一番良いのは、剃ることで、抜くことでは無いのです。

脇毛を抜いたデメリットとしては、感染症の危険や出血といった他にも大きな欠点があります。

そのため、肌にやさしいシェービング等を購入して丁寧に剃るのがわきが対策になります。

こうした部分を注意するだけでもわきがの対策に繋がるのです。

毛穴が大きくなることで進行するわきがの症状は毛を抜いてしまうことでさらなる悪化を引き起こします。

こうした健康状態を考えるには大きな対策が必要なのです。

このページの先頭へ