わきがの臭い対策

わきがだと、ついやってしまいがちが、脇を閉じてしまうことです。

わきがになるとこうした問題があることによって、わきが非常に臭いを発するといった偏見が生まれます。

わきがは決して、脇を閉じる事によって臭いが治まるといったことでは無いのです。

むしろ臭いが充満してしまうのです。今回は、何故脇をとじると臭いが充満するのかその理屈を紹介し、正しい対策を紹介します。

最初に、わきがはどうして発生するのかと言うと、脇に充満した汗によって発生します。

ところで、汗が発生するってどういった理屈かご存知ない方も多いので解説します。

脇の汗は、実は、脇を閉じたことによって発生します。つまり、わきがは空気の通気性の悪い時にその症状が発生するのです。

脇をとじることによって、脇がかえって蒸れてしまいます。そのため、汗が発生しやすくなってしまうのです。

わきがはアポクリン腺から発生する汗によって、臭いが充満することによって起こります。

そのため、臭いが発生すると、充満してしまうのです。すると、脇を締めるよりも汗の臭いが気になってしまうようになるのです。

対策は、脇を閉めないで通気性を良くするほうが症状は軽くなります。

乾燥によって脇の汗が発生しなくなるので、汗の臭いが気にならなくなるのです。

そのため、わきがにならないようになります。臭いが気になる場合でもかえって脇を出した方が、気にならなくなるのです。

脇を出すファッションをためらう方も多いのですが、ひょっとしたら、自分が身につけているわきがを防ぐためのファッションによって、わきがの症状が悪化している可能性だってあります。

こうした問題を避けるには、適度な通気性が必要なのです。

わきがのパットを多用に使用していたり、かえって脇を隠すファッションをしている方は、こうした盲点に気づかないことが多いのです。

今一度、自分の身につけているファッションを見なおして、わきが対策の参考になれば幸いです。

このページの先頭へ